クリエイターに求められるスキルとは!?センス?知識?それとも!?

天才は秀才には勝てない。

クリエイターと聞くとセンスの良い人がなる職業のイメージがありますが「センスが良い」には種類があります。
完全に新しいものを産み出す頭で描いた物を形にできる「天才」と揶揄されるタイプのものと知識や経験を積み重ね自分の中のあらゆる引き出しを組み合わせて作り出す「秀才」と言われるタイプです。後者の努力で積み続けてきたセンスは偏った知識になってしまいがちですが柔軟な感覚をも努力で磨き続ければ時間はかかっても必ず良いものを生み出す事が出来るようになります。なのでクリエイティブな仕事をしたいけれど自分にはセンスが…と嘆いている時間は全て自分の引き出しを増やす時間に充てましょう。感覚や感性で産み出せるものにはいつか限界が訪れます。

やり続ける事こそが必要なスキル

クリエイターにとって最も必要なのは決して止めない事です。
メディアで見るような有名なクリエイター達は皆、成功の秘訣はと聞くと「止めない事」と話すでしょう。この止めないというのはとても困難な事で挫折や失敗、成功からの転落を経験しても絶対にあきらめない強い気持ちが必要です。環境の変化によって難しくなったとしても止めてはいけません。ペースを落としても作り続ける事です。その為には作る事を好きになりましょう。良い評価も悪い評価も声が聞けるのはクリエイターとして幸せな事です。悪い評価は真摯に受け止め、良い評価でも慢心せずに産み続けてください。自分の作ったものが見る人の人生を豊かで幸せなものにしている事を忘れないでください。